目の下のクマについて

鏡を見て「あ!クマができてる!!」なんてこと、ありませんか?

目の下にクマがあると、疲れて見えたり、実年齢よりも老けた印象を与えてしまったりします。目の下のクマに、お困りの方も多いのではないでしょうか。

よく「睡眠不足でクマができる」と聞きますが、実は【クマ=睡眠不足】とは限りません。

クマには大きく分けて3種類のタイプのクマがあります。それぞれ原因が異なりますので、まずは自分がどのタイプのクマなのかを判断してみましょう。

 

3種類のクマ

クマの原因として

①血行不良からきているクマ(青クマ)

②たるみによる影でできるクマ(黒クマ)

③色素沈着つまりシミによるクマ(茶クマ)

の3つがあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

①血行不良からきているクマ(青クマ)

まず目元を軽く引っ張ってみてください。引っ張ってみて色が改善されたら、血行不良からきているクマ(青クマ)です。

青クマは、目のまわりの毛細血管の血液が滞り、黒ずんだ血がたまってうっ血し、青っぽく見えてしまっている状態です。目の疲れ、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、冷え、ストレスなどによる血行不良が原因とされます。

血行不良による目の下のクマで悩んでいる方の中には、肩こりや頭痛をお持ちの方が多くいるようです。

生まれつき目の下の皮膚が特に薄く、目のクマに見える方もいます。

 

②たるみによる影でできるクマ(黒クマ)

上を向いてクマが無くなる場合は、たるみによる影でできるクマ(黒クマ)です。このタイプはたるみが原因なのですが、たるんでしまう原因は主に筋肉にあります。

それは、目と眉の間にある「眼瞼挙上筋」という筋肉です。

この筋肉は瞼を持ち上げるための筋肉ですが、目を凝らす癖のある人や、目をこする癖のある人、目が悪い人、パソコンやスマートフォンで目を酷使する人、加齢などにより、この筋肉の腱膜「眼瞼挙上筋腱膜」が伸びてしまいます。

すると瞼は下がってきて、「眼瞼下垂」の状態になってしまいます。

眼瞼下垂になってしまうと、眼球を覆っている脂肪体を上から圧迫してしまい、下に押し出されます。
押し出されて目の下は膨らみ、このために目の下がたるんだように見える訳です。

また、お肌にもともと備わるヒアルロン酸やコラーゲンなどの水分を保持する役割を果たす物質が、年齢と共に減少することによってお肌にハリがなくなってしまうのも、たるみの原因の一つですね。

 

③色素沈着つまりシミによるクマ(茶クマ)

軽く引っ張っても、上を向いても改善されないクマは、色素沈着つまりシミによるクマ(茶クマ)です。

目をこする刺激や、メイクの刺激、紫外線のダメージ、乾燥による肌のターンオーバーの乱れなどが関係します。年齢が高くなるとより目立つこともあります。

まぶたの周りをはじめ、目元の皮膚は非常に薄く、ダメージを受けやすい部分ですので、刺激や紫外線を避ける工夫をしましょう。

 

美容鍼ではこのように改善していきます

 

血行不良からきているクマ(青クマ)は、血行を改善していきます。鍼治療によって免疫作用が向上することにより、血行が改善され老廃物の排出を促進し、お肌に栄養を得やすい環境をつくり生まれ変わることにより、ハリ、つやがアップし、クマも改善します。

同時に身体の治療を行い、首回りの血流を良くしてあげることで、さらに効果を実感していただけると思います。

たるみによる影でできるクマ(黒クマ)は、目の周りの筋肉をほぐし、引き上げていくことで改善していきます。

筋肉がほぐれて弾力がアップすると、お肌をキュッと引き上げて、たるみの解消につながります。

色素沈着つまりシミによるクマ(茶クマ)は、美容鍼で美白効果を出しながら、ご自宅でビタミンC誘導体を合わせて使っていただけると、より美しく見えますよ。

 

目の下のクマ・たるみでお困りの方は、お電話ください。

初回の方限定のお得なキャンペーンもあります!

通常初回スタンダードコース  15,000円(初診料+施術料)

⇩ 74%OFF

初回限定キャンペーン  3,980円(初診料+施術料)

お電話はこちら → ☎011-213-1175

(留守番電話になっておりますので、お名前とお電話番号、「美容鍼のホームページを見た」とお願いします)

その他のお悩みはこちら↓

Skin trouble ーお肌の悩みについてー

あさひ治療院 整体

腰痛と姿勢を改善したい方は
こちらへ↓

Link