私も使ってます。栄養たっぷりアーモンドオイル!

たるみやシワの改善といえば、札幌にあるハリウッド式美容鍼「あさひ治療院美容鍼灸Lapis」!!

娘が3歳になりました。3歳…なんだかあっという間です。

 

さて、前回は当院で使用してる「スクワランオイル」についてご紹介しました。

今回は、私も愛用しているアーモンドオイルのご紹介をしたいと思います。

 

アーモンドオイルとは?

アーモンドオイルとは、バラ科に属するアーモンドの木の仁(種子)を圧搾することで得られる植物性の油です。

アーモンドオイルは、ビタミンEが豊富に含まれています。
ほかにもビタミン類ではビタミンAやビタミンBも含まれていますし、オレイン酸をはじめとする必須脂肪酸も豊富に含まれているます。
このことから、スイートアーモンドオイルには保湿作用、抗酸化作用、抗炎症作用、皮膚軟化作用、鎮痒作用といった美容や健康に関するパワーがあると考えられています。

また、オレイン酸は最も酸化しにくいと言われていますので、スイートアーモンドオイルは酸化に強い美容オイルになります。

顔や髪に塗布したり、マッサージに使用したり、クレンジングに使えたりと用途は様々。カサカサ肌やデリケート肌の使用に適しています。
手に取ると軽くとろりとした感じがありますが、滑らかな質感でゆっくりと肌の深部へと浸透していくオイルです。
赤ちゃんの肌に使用することも可能ですが、3歳未満の赤ちゃんの場合はスイートアーモンドオイル単体で使用することが推奨されている商品もありますのでご注意ください。

肌に嬉しい効果が報告されているアーモンドオイルですが、時にアーモンドオイルを塗ったことでアレルギー反応や肌を悪くしてしまうことがありますので、本格的に使用する前に、パッチテストをしてからご使用ください。

 

アーモンドオイルの効能

アーモンドオイルには保湿作用、抗酸化作用、抗炎症作用、皮膚軟化作用、鎮痒作用があると書きました。

具体的にどういう事かといいますと、

保湿作用・皮膚軟化作用

スイートアーモンドオイルには保湿作用や皮膚軟化作用があるとされています。
水分や有用成分を肌の内部にしっかりと閉じ込め、かたくなった肌をやわらかくしてくれるのです。
若返りのビタミンEも豊富ですから、肌を柔らかくし、老化を防いでくれ、オレイン酸や、他のビタミンの作用によって、肌がふっくらとします。乾燥を防ぎ、しっとりハリのある肌が欲しいという人が使用するのに向いています

抗炎症作用

紫外線を浴びて日焼けをすると、肌が炎症を引き起こし、赤くなってヒリヒリしますね。
スイートアーモンドオイルには抗炎症作用がありますので、日焼け肌をやさしくいたわってあげることが可能です。
また、日焼け以外の炎症性の肌トラブルに対してもご使用いただけます。

抗酸化作用

美白を目指す人の大敵であるシミの発生を抑制する力がスイートアーモンドオイルにはあります。ビタミンEが豊富なのと、パルミチン酸が含まれているので、抗酸化力が高いのです。ご存知の通り、シミの原因はメラノサイトによるものですが、スイートアーモンドオイルにはメラノサイトの育成を抑制してくれる働きがあることや、紫外線にあたってしまった時にメラニンを黒くしてしまう酵素の働きを抑えてくれるので、効能としては美白効果が期待出来るのです。
シミは加齢により引き起こされやすくなりますが、スイートアーモンドオイルで対策すると、エイジングケアとしても役に立ってくれることでしょう。

鎮痒作用

保湿作用で乾燥からくるかゆみが抑えられるのはもちろんのこと、湿疹(しっしん)や乾癬(かんせん)といった皮膚のトラブルによって引き起こされるかゆみを軽減するのに役立つといわれています。

いかがでしたか?

美容にも、肌の健康にもとても良いアーモンドオイルのご紹介でした。

アーモンドオイルは私も愛用しています。

個人的にとてもオススメなのが、DR.TAFFI(ドクタータッフィー)のアーモンドオイル。無香料のものや、バニラやホワイトムスクなど色々な香りつきのものもあります。

私の使用している一番好きな香りが「ホワイトティー」で、甘すぎず、とても優しい癒しの香りです。

その他、無印良品のアーモンドオイルもコスパがいいと評判ですね。

皆さんも是非お試しください!

あさひ治療院

011-213-1175

関連記事

  1. 目の下がたるむのは目の下のせいではなかった!

  2. ニキビの天敵!○○の摂りすぎに注意!

  3. 砂糖のかわり!?人工甘味料の良し悪し。

  4. ニキビに効果的な○○!

  5. お顔のむくみを即効解決!3ステップ簡単ケア!

  6. 天然の保湿剤!今注目のスクワランオイル!

あさひ治療院 整体

腰痛と姿勢を改善したい方は
こちらへ↓

Link