目の下がたるむのは目の下のせいではなかった!

たるみやシワの改善といえば、札幌の「あさひ治療院美容鍼灸Lapis」!!

 

こんにちは、櫻田です。

たるみといえば、ほうれい線やフェイスラインのたるみなどありますが、特に40代以降の女性からご相談を受ける事が多いのは 目の下のたるみ です。

目元や口元は相手に与える印象が強く、目の下がたるんでいると実年齢よりも老けて見られてしまったり、疲れているように見られてしまったりしますね。

当院に来院される方も、多くの方は目の下のケアをしっかりされています。美容液であったり、マッサージであったり。

でもたるみはなかなか改善されない… それは何故か?

目の下のたるみは、目の下に原因がある訳ではないからです!

 

実はここに原因があった!

それは下ではなく 「上」

目の下のたるみは、目の上に原因があります。

なぜ目の上?? そう思われる方も多いと思います。解説してきますね。

 

ポイントは筋肉

目と眉の間に「眼瞼挙上筋」という筋肉があります。

この筋肉は瞼を持ち上げるための筋肉ですが、目を凝らす癖のある人や、目をこする癖のある人、目が悪い人、パソコンやスマートフォンで目を酷使する人、加齢などにより、この筋肉の腱膜「眼瞼挙上筋腱膜」が伸びてしまいます。

すると瞼は下がってきて、「眼瞼下垂」の状態になってしまいます。

眼瞼下垂になってしまうと、眼球を覆っている脂肪体を上から圧迫してしまい、下に押し出されます。
押し出されて目の下は膨らみ、このために目の下がたるんだように見える訳です。

また、お肌にもともと備わるヒアルロン酸やコラーゲンなどの水分を保持する役割を果たす物質が、年齢と共に減少することによってお肌にハリがなくなってしまうのも、たるみの原因の一つですね。

 

ということは…?

目の下ばかりケアしてもなかなか改善しないのです。

目の下は皮膚も薄く、触りすぎも逆効果になってしまったりします。グリグリとマッサージするのはやめましょう。

美容鍼灸では目の上の筋肉に柔軟性をあたえ、ギュッと引き上げることができるので、改善の可能性は大いにあります。
他にも美容外科での処置や、アイプチなんかもありますね。

毎日できるケアとしては、クレンジングの際にこすりすぎないこと。そして、しっかり保湿すること。また、目の回りのスキンケアは「のせる」イメージで、優しく行うことを心がけてください。

アイケア製品などを利用して、ゆっくりと温めてあげるのも効果的ですよ。

あさひ治療院

011-213-1175

関連記事

  1. お顔のむくみを即効解決!3ステップ簡単ケア!

  2. 肌の宿敵乾燥!保湿以外にも大事なことがあった!

  3. ニキビに効果的な○○!

  4. ニキビの天敵!○○の摂りすぎに注意!

  5. 砂糖のかわり!?人工甘味料の良し悪し。

  6. 私も使ってます。栄養たっぷりアーモンドオイル!

あさひ治療院 整体

腰痛と姿勢を改善したい方は
こちらへ↓

Link